36歳おじさん日常ブログ

仕事 ご飯 株 お金 疑問 意見 思った事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノートン更新方法は、続き

ノートン更新方法は、まだ続きありそうです 2016/3/24実施
ノートン更新の更新したけど、ノートンの有効期間が
更新したのに反映されないってところです

まず、メールの更新します
ノートン更新の時に使っているメールアドレスのです

ノートンから2通メールが来ていました
1通
【シマンテックストア】 製品ご購入内容のご連絡
2通
【シマンテックストア】 製品ご利用に関するご案内

1通目のメールは確認のみです
2通目のメールで、ノートンの有効期間のこと書かれています

メール内には
-----------------------------------------------------------------------------
メール記載内容抜粋

「延長後の日数:残り366日」

製品を起動し、有効期間が正しく反映されていない場合は下記URLをご参照ください。
http://www.xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
-----------------------------------------------------------------------------
ノートン更新方法には、ノートンの更新には
有効期間が正しく反映されないって
かなりありそうですね、しっかりメールでこのような紹介しているようですから

まず、「延長後の日数:残り366日」
製品を起動してみると
有効期間の状態:30日残りとなってます
反映されていない、更新されていないようです・・・・

そのため
メールの記載に従って
製品を起動し、有効期間が正しく反映されていない場合は下記URLをご参照ください。
http://www.xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

リンクをクリックして
使っているノートン製品のバージョンを調べて
それから、そちらに応じて方法が違うみたいです
------------------------------------------------------
製品の期限反映方法
ご利用のパソコンがインターネットに接続されていることを確認し、ノートン製品を起動してください。
ノートン360バージョン3.0以上をご利用のお客様
ノートン360バージョン2.0以下をご利用のお客様
ノートン2011シリーズ以降をご利用のお客様
ノートン2010シリーズをご利用のお客様
ノートン2009シリーズをご利用のお客様
ノートン2008シリーズをご利用のお客様
ノートン2007シリーズをご利用のお客様
ノートン2006シリーズをご利用のお客様
ノートン Mac版をご利用のお客様
ノートン オンラインバックアップをご利用のお客様
オンラインストレージをご利用のお客様
ノートン モバイル セキュリティをご利用のお客様

ご利用製品のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

------------------------------------------------------

まず、ノートン製品の製品名とバージョンを確認する必要があるようです

ノートン製品の製品名とバージョンを確認する方法のリンクから
サポート→バージョン情報
バージョンを確認すると分かるようですが・・・
分かりません・・・・

どれに該当するのやら??

バージョン情報を確認して
それから「製品の期限反映方法」で該当する項目が分かりません

ちょっと適当にリンクを押してみます
サポート→有効期間の状態
有効期間
状態の確認が完了しました
Norton Internet Securityの有効期間を確認しました
有効期間情報は以下のとおりです。

有効期間の状態
有効期間は、あと366日です
保護できるコンピュータは3台までです。・・・


おぉ、うまくいきました
製品を起動し→サポート→有効期間の状態
で有効期間が更新されました、反映されました

============================================
ノートン更新方法は、更新はすんなりできましたが 2016/03/24実施
ノートンの有効期間が反映されないってところが
ちょっと難題、難問みたいです
もしかして、パソコンの再起動とかするだけでノートンの有効期間が反映されたりするのかも?

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。